本文へスキップ

新たな10年の礎を築く。

部長挨拶SERVICE&PRODUCTS

第十三代 青年部部長 安藤 慎也  安藤電気工業(株)

 

札電協青年部の皆様におかれましては、社業が大変お忙しい中、時間調整能力をフルに発揮しながら青年部活動にご尽力を賜り本当にありがとうございます。


 また、今回37 回目にして初めて通常期総会を書面議決という形を取らせていただきました。任期改選期ではなかったのが救いですが、我々にとっての総会は普段なかなか会えない部員同士や、他団体代表、青年部OBと交流できる数少ない機会である事も承知し
ておりましたので本当に苦渋の決断でした。関係各位のご理解ご協力に重ねて感謝申し上げます。

 役員改選、二委員会制、10 名の先輩が卒業して10 名の新入部員が加わり、札電協青年部は「創出」という活動テーマを掲げ、気持ちをひとつにして活動をスタートし、青年部に求められていること、青年部ができることを考え、青年部員や組合員、関係機関の皆様にとって身近で頼りがいのある組織となるよう心掛けて参りました。 令和元年度は、役員研修会として九州ブロック青年部と交流して見聞を深めることから始まり、継続事業となっている工業高校生保護者向け業界説明会や、数年ぶりに復活した青年部員家族レク・クリスマス会を開催。10 月には全日電工連全国大会において「電気の魅力を知ってQ」を優良事業としてプレゼンさせていただきました。さらに、企画委員会では初めての2 年計画である「電気未来創造展」を進めている所であり、例年通り精力的に活動して青年部員が学ぶ場を作ってまいりました。 ホームページ更新や関係団体への出向など他にも多くの役割がありますが、部員・役員の皆さんが目に見えにくい活動であってもそれぞれの立場で大変なご活躍をされていた事に改めて敬服し、心から感謝申し上げます。

 私にとっては最後の1 年になります!よろしくお願いします!と元気いっぱいに青年部の活動をスタートしようと考えておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の動きは本部や地域とともに足並みを揃えて取り組む事が絶対条件であり、今は特に部員各位はもとより、各企業の安全を最優先するという事で、本部と青年部が気持ちをひとつにしておかねばなりません。

 組合員の深いご理解と大きな支えの中、これまで自由な発想で続けてこられた青年部活動は自粛自粛で出来ることが限られてくると予想されますし、今後もお知らせ内容が二転三転することがあると思います。色々と難しい選択が迫られている中ですが、今年度も札電協青年部部員の皆様のご意見、ご要望をできる限り受け止めながら運営してまいります。

面倒だからこそ関わる価値がある。恐ろしいのは関わろうとさえしないこと

と、本で読みました。青年部に、組合員に、電気工事業界に情熱をもって関わって頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



                      札幌電気工事業協同組合
                         青年部部長 安藤 慎也


歴代部長

1984〜1986年
初代青年部部長   十日市 達也
1987〜1988年
第二代青年部部長  谷口  伸光
1989〜1990年
第三代青年部部長  阿部  肇
1991〜1992年
第四代青年部部長  花田  雅弘 
1993〜1996年
第五代青年部部長  小野寺 涼一
1997〜2000年
第六代青年部部長  中村  勝彦  
2001〜2004年
第七代青年部部長  岡本  信吾
2005〜2008年
第八代青年部部長  橋本  佳明
2009〜2010年
第九代青年部部長  稲津  亘
2011〜2012年
第十代青年部部長  須田  敏行
2013〜2014年
第十一代青年部部長 古嶋  清隆
2015〜2016年
第十二代青年部部長 嶋川  泰規
2017〜
第十三代青年部部長 安藤  慎也

バナースペース

札幌電気工事業協同組合青年部


   
   
   
   
   
   


   



IEをお使いで上の枠内が正常に表示されない場合は、下のアドレスを信頼済みサイトに追加してください。

https://calendar.google.com