本文へスキップ

新たな10年の礎を築く。

部長挨拶SERVICE&PRODUCTS

第十三代 青年部部長 安藤 慎也  安藤電気工業(株)

 
この度の役員改選により青年部長を拝命いたしました安藤慎也と申します。
入部してから13年になりましたが、自身も青年部とは何かはっきりした答えが見つけられない中で、私に出来ることはどんなことだろうと思い悩みながらではありますが、与えられた重責に負けないように、青年部らしく新しい事や苦手な事にも積極的に取り組む姿勢で、札電協青年部に情熱をもって関わることに拘ります。どうぞよろしくお願いいたします。


さて、総会シーズンを迎え、我々青年部は親会各支部の総会懇親会にお邪魔させていただき、青年部員募集のPR活動を行なって参りました。私も支部総会にお邪魔させていただきましたが、支部長をはじめ支部の皆様が歓迎してくださる温かい雰囲気や、本部役員からの心強いフォロー。そして何より、我々のスピーチに頂戴した会場の皆様からの大きな大きな拍手や激励のお言葉は、これまで続けてきた青年部の活動が、しっかりと組合員の皆様にも伝わっていたのだと心から感動する瞬間でありました。

創部33年、長い歴史の中で地域や学校、関係省庁などと連携するほど各事業が発展してきたように、青年部の役割は電気工事業界内にとどまらず、その期待は今後ますます高いものとなってゆくものと考えられます。そのうえで、平成29年度は膨らみ続けてきた柱となる事業を一局集中させることでスリムな事業運営を図り、メリハリをもって本業にも集中できる環境を創り上げることを目標のひとつに掲げました。
そして一方で、規定の45歳定年によって10名の部員が卒業してしまった事や、建設業界の深刻な人手不足が、青年部活動維持の議論にも繋がる厳しい現実も感じつつある中で、「青年部でも何を変え、何を守っていくべきか」を考える1年として、強くしなやかな組織づくりと、部員個々の成長に繋げて参りたいと存じます。
それぞれの思い、それぞれの信念、それぞれの工夫によって青年部活動の意義を見出すことができれば、そこに人が集い、思いが繋がって行きます。今年度は継続事業の改革、7名が新任という役員人事など、大きな期待を感じさせる楽しみな54名の新体制が整いました。
平成29年度、札電協青年部の新しい風を感じていただけますよう全力で取り組んでゆく所存でございますので、これまで同様、青年部事業への深いご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

歴代部長

1984〜1986年
初代青年部部長   十日市 達也
1987〜1988年
第二代青年部部長  谷口  伸光
1989〜1990年
第三代青年部部長  阿部  肇
1991〜1992年
第四代青年部部長  花田  雅弘 
1993〜1996年
第五代青年部部長  小野寺 涼一
1997〜2000年
第六代青年部部長  中村  勝彦  
2001〜2004年
第七代青年部部長  岡本  信吾
2005〜2008年
第八代青年部部長  橋本  佳明
2009〜2010年
第九代青年部部長  稲津  亘
2011〜2012年
第十代青年部部長  須田  敏行
2013〜2014年
第十一代青年部部長 古嶋  清隆
2015〜2016年
第十二代青年部部長 嶋川  泰規

バナースペース

札幌電気工事業協同組合青年部


   
   



IEをお使いで上の枠内が正常に表示されない場合は、下のアドレスを信頼済みサイトに追加してください。

https://calendar.google.com